ワキの黒ずみを作らないためのスキンケア法

腕をあげた時に、ワキの黒ずみが気になる女性は多いです。黒ずみの原因は、カミソリなどの刺激からお肌を守るために分泌されたメラニン色素です。一回や二回剃っただけでは黒くなりませんが、ワキのムダ毛を継続的に剃っていると、だんだん色素沈着を起こして黒ずみになっていきます。

 

また、制汗剤を使用する人が増えていますが、制汗剤をきちんと洗い流さないと皮脂と結びついて黒ずみになってしまうことがあります。特にクリームタイプのものは、しっかりとお肌につくので、洗い落とさないとお肌への負担が強くなってしまいます。サイズの合わない下着が擦れることでも刺激になるので、注意が必要です。

 

黒ずみを作らないためには、日頃からのスキンケアが大切になります。制汗剤を使っている場合はきれいに洗いますが、力を入れてゴシゴシ擦らないようにします。その後、化粧水を塗ることで、保湿を行います。潤いのあるお肌は毛穴が小さくなり、つまりにくくなります。他の部位とあまりに色が違う場合は、美白用のクリームを塗ってみるのも一つの手段です。ワキの黒ずみ専用のクリームも販売されているので、気になる人は使ってみるのもいいでしょう。毎日継続してスキンケアをすることが大切です。