毛抜きはわきの黒ずみに逆効果

わきの黒ずみには、ブツブツ型とくすみ型の2つのタイプに分かれます。黒ずみの原因として挙げられていることは、わきのよごれが詰まってブツブツとした黒ずみになったり摩擦や乾燥などによってわきがくすんだように見えたりといった原因が挙げられます。そして、間違った自己脱毛処理によっても黒ずみが引き起こされることがあります。毛抜きを使って体毛を抜くことも間違った自己処理の一つといえます。
黒ずみ部分がブツブツと毛穴が盛り上がっているという状態においては、毛を抜いてしまった事によってその部分の肌が炎症がおきます。引き抜いたときの刺激により肌にダメージを与えてしまい、そこにメラニン色素が沈着することで黒ずんでしまいます。そのため、自己脱毛を行うにあたっては毛抜きは使用しないということが第一といえるでしょう。
また、自己処理を間違えることで埋没毛が発生してしまうこともあります。埋没毛とは毛を抜いたときにおいて、毛穴の入り口部分にかさぶたが出来てしまい、毛穴の入り口部分と閉じてしまいます。そのため、体毛が出られなくなりそれによっても黒いブツブツとした体毛になってしまいます。
こうしたわきの毛穴の黒ずみを放置してしまうとまれに最近が繁殖して毛穴が腫れあがってしまうこともあります。そうなると、皮膚科で治療する必要が生じてしまい回復に時間がかかることもあります。
自分でわきなどの脱毛をする際にはより肌の優しいきちんとした方法で行うか美容サロンのスタッフに任せるかを選択したほうがよいでしょう。